ADMIN TITLE LIST
By Hobby Select Shop GAGA
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと海外ばかりウォッチしていたら、先の06プララジショーにて日本でも新製品が発表となった。。

今回は海外に負けてられじと、東京マルイの新作、SOCOM16(M14 SOCOM)とGLOCK17のプララジショーにて配布された画像を紹介。(・・って、もう公式HPにあるけどね(笑 )

まずはSOCOM16
マルイでの名称は、M14 SOCOMだ。

全くの新作という訳でなく、もちろん既存の電動M14を短くしてマウントを装着し、ストックが新しいフィニッシュになったのみだ。
SOCOM16でなく、M14SOCOMとした大きな理由は、実銃のSOCOM16はセミオートのみで、こちらはフル・セミ使えるからだろう。

しかし、SASみたいな「想像したテッポウ」でなかったのは救いですね。
しっかりしたSOCOM16仕上げ?で、将来的にM14も欲しかったが、取り敢えずマルイ製でショートバレルのSOCOM16が出たのは嬉しい。
この機関部とバレルを使って・・・、なんて事もやり易い。
TMSOCOM16_01_01.jpg

TMSOCOM16_02.jpg


バレルは約180mm程短くなっているらしい。ハイダーや実銃の雰囲気あるマウントも良いし、ストックもブラックのサンドストーン仕上げとなるなど、変わり映え感はあるし価格も据え置きという話らしいので嬉しいトコロだ。
発売はボーナス/クリスマスに合わせてくるか???

もちろん、東京マルイでは別の開発陣が新作の開発に勤しんでいる頃だろう。
次回新作も待ち遠しい。

さて、こちらは電動ではなく、ガスブロとなるGLOCK17
昔、MGCのGLOCK17L持ってたなぁ・・、個人的には17系はなんだかベーシックで懐かしい感じがします。
TMGLOCK17_01.jpg

TMGLOCK17_02.jpg


強烈なリコイルと命中率を誇るとのこと。まぁ、P226やハイキャパを見ればわかることだろう。
重量も樹脂フレームだが700g超とのこと。(あ、実銃も樹脂製ね)
モデルアップは、3rdジェネレーション。実銃同様、ランチェンを受けた最新のものと
いうことらしい。

さて、このガスブローバック、これから冬場にかけてどうだろうか、冬場のパンチと連射(速射)にどれぐらい耐えうるかが見物である。

ちなみに自分のベレッタ92Fタクティカルは冬場に滅法弱いんですよね・・・。
もっぱら、愛用のハンドガン(サブウエポン)は、マルゼンのフィクスドスライドのP99です。。

ホントはマルイにしたいけど、、皆、フィールドで同じものなのよね。。
スポンサーサイト

テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル



こんばんは、管理人様。

「短い黒いでレール付き、スプリングフィールドのヤツがクサイなぁ」と思ってたら
「2004年の最新実銃が2年の歳月をかけて完成!!」
あまりにも予想通りで、う~ん(悩)。
PMC採用(してるかも)の短かけりゃいいM14クルツでないだけマシか。

懐かしのMGC版持っておりました。
プラフレーム(オモチャは皆そうですが)オートは
自分はグリップ感でP99が気に入っております。
DVDガナー4見るとKSCが投げたシュタイアーM9が欲しくなってしまう。

ガナー5、ご覧になられました?
個人的に今までで一番退屈しない構成(爆)。
あのゴツイフィードカバー付けたM60E3が出てましたよ。
PMC用アメリカンAKは違いますね。
ハンドガード横にスライドして装着するフォワードグリップと
長い「く」の字型コッキングレバーが印象的でした。
ん?FALや新しめのマイクロガリルみたいに左にちょこっと出したら
そんな長いものゲフンゲフン。
でもそれやったら隙間が増えるか・・・。

「皆、フィールドで同じもの」
日本人を笑うジョークで
「皆、飛び込んでますよ」ていうのがありますな。
【2006/10/25 21:42】 URL | HEPA #GqT2Qlno[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 GAGA's TOYGUN blog!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。