FC2ブログ


ADMIN TITLE LIST
By Hobby Select Shop GAGA
さて、色々あったが、、、M1014のカスタムスプリングが手に入っていたのでどんなものか交換してみた。

・・・しかし、、、CAWって、、、なんて分解しにくいんだ。。(^^;;;;


写真を撮っていないのだが、、ざっとこんな感じ(自分の覚えだな、こりゃ)
フレーム上部のレール、リヤサイトを外しておく。
チューブを回転して外す、ハンドガード外す。
ストックのバットプレート外し、中央のパイプの中のネジを緩めてストックごと外す。
フレームのピンを外し、トリガーガード、トリガー、マガジンキャッチをそのまま外す、特にネジもない。
その後、フレームの樹脂アウターカバーをインナーフレームをコンコンと叩いて前方へ抜く。
インナーフレーム前後のネジを外して、真っ二つに割って分解。これで終了。
しかし、このインナーフレームを元に戻すのが大変。
モナカなのだが、内部のシアーが飛びそうでなかなかサンドイッチするのに手間が掛かる。。
分解したときの構造とどの部品がフレームに残っているか、覚えていたほうがいいのかもしれない。
どちらにしても、コツを覚えないといけないかも。
要注意部品は、シアー周辺とスプリングガイド。 逆にマガジンキャッチやマガジンのフタ、トリガーガードなどは、樹脂アウターカバーを被せてからでも装着可能。



そして、肝心のスプリングを交換。  ちなみにどこのスプリングかは不明。94m/s程度まであがるスペックらしいのだが・・・・


分解ついでにオイルを拭き取って、シリンダーやシアなどの周囲にセラミックグリスを塗る。
ピストンはOリングを広げておく。
各部動作箇所にもセラミックグリス、ピストン内部はシリコングリスも吹いておく。

元に戻して、早速、動作確認。
ハンドガードを引く力だが、、、あまり変わらない。
ホントにパワー上がっているのか不安なぐらいだ。

ここで初速測定。

元のノーマル状態では、先日の測定で、64m/sという驚愕の数値を記録している。  (笑


今回はホップ掛けた状態で(掛かっているかわからない、調整幅もないし最悪)、いきなり86m/s!!
ノンホップでは92m/sまで向上した。


調整後、なんとか90~92m/sで落ち着いている。まだチャンバー内にオイルが残っている状態だ。


まぁ、初速だけ見ると、ゲームにやっと使えそうに思える。
問題はホップしてくれるか、、命中率は!? など興味がある。

まだマルイガスハンドガンの戦闘能力には勝てそうもないが・・・


しかし、、、なぜにこんなにマガジン交換がしにくいんだ??
全然取れないぞ!?

テッポウを逆さまにして、ドライバー使えば取りやすいが、、、こりゃどうすりゃいいんだ?




実物の速射動画があったので掲載。
すごい、さすがオートマチックコンバットショットガン!! 蜂の巣なんてもんじゃないな。。。




スポンサーサイト



テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル
さてさて、、下の記事にも書いてあるように、ベネリM1014は、フォートレスさんがカスタムをやっているとのことで、是非、ショップカスタムとやらを堪能したくなったので、どういうものか早速問い合わせてみた。

が、2週間以上待っても返事が来なかった。


再度、今日、WEBから問い合わせ。
そう、WEBに細かく記入する持ち込みカスタム用の専用フォームがあるので、案内通りに指定通りに記入してそれでSUBMITします。

そしてやっと、メールの連絡が来ました。。。

どうやら「サーバーの不調でしょうか、メールが届いておりません」、とのこと。
う~ん、、WEBフォームなのにサーバーの不調とかはあまり無いような・・・・


まぁ、それはさておき、ベネリM1014のInprovedバージョンについて暫定であるが、見積もりがきた。 ((o(´∀`)o))ワクワク

--------------------------------------------------
【暫定お見積り】
分解調査費 ¥5,250(※)
お持込みチューン工費 ¥11,300
送料 別途(受注時に自動計算となります)
--------------------------------------------------



Σ(゚д゚)   エッ!?



フォートレスさんのM1014のページには、
--------------------------------------------------
「【ノーマル本体お持込カスタムも承っております。】持込カスタム価格¥9800-(税込)
--------------------------------------------------

って、書いてあったけど??
WS000045.jpg



送料別途はわかるにしろ、、分解調査費って何???
別にご丁寧に調査までしてくれなくてもいいよ~   (;´∀`)

・・が、メールをよ~く、読んでいくと・・・・・
--------------------------------------------------
(※)『分解調査費』とは、『お持込みチューン工費』に含まれている基本工費です。本体の破損などによって万が一チューンナップを承ることができない場合でも工費として承りますことをご了承ください。
問題なく製作できる場合は『お持込みチューン工費』に含まれておりますので、別途お支払いいただくものではありません。
--------------------------------------------------


なるほど、
ま、分解調査費が内数であるのはわかったけど、、、
・・・もし破損していたり(本体バラしたときに破損してしまったり?)した場合には、手間賃取ってカスタムもしないってこと?

(;゚Д゚)
そんなうまい話あり?

問題なく製作できる場合は、お持込チューン工費に含まれているって、、当たり前だ。

というより、カスタム内容が決まっているWEBページの表示価格より高いのはなぜ???


フィッシングなんとかというヤツにハマった気分だ。。。 (゚д゚lll)


--------------------------------------------------
この内容で正式にご注文いただく場合はこのメールをプリントアウトして同封のうえ、厳重梱包にて下記までお持込み品をお送りください。

~中略~

<お持込み品をお送りいただいたあとは>
製作内容が確定したのち、当店より『お客様専用ご注文ページ』を作成いたします。
ご注文ページができ次第メールにてお知らせいたしますので、その中に記載されているURLにアクセスし、通常と同様にお買い物カゴを利用してご注文ください。そこでご注文が確定となります(同時に他の商品をご購入いただくこともできます)。
--------------------------------------------------


う~ん、、、なんだか、持ち込みカスタムって面倒なのね。。。。


しかし、、折角ショップカスタムとやらを体験したかったのに、WEBにあった¥9,800なら、この忙しい最中、まぁ手を打ってもいいと思ったがちょっと残念。

まぁ、文句言うなら完成品カスタムを買ってくれ、ということなのだろうが・・・・。


カスタム内容的には多分、給弾を調整したあと、スプリング交換して、トリガーシアー磨いて終わりって内容だと思うので、このお見積もり金額にしては、、ちょっと高い。


一応、再度、質問しておいた。

送付して(この時点で返送費用が掛かる)バラしてお金だけ取られるというただの「賭け」なのか、WEBと表示価格が異なるのはなぜ?、という返信メールの内容だ。




ま、規制内カスタムスプリングは手元にもあるし・・・、、自分でやるか。。




テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル


ハンドガンはさておき、電動VFC Mk43とマルイ電動MP5A3を除いた、メインウエポン達の記念撮影。
最近購入したM14 SOCOMとベネリM1014と復活したMP7だ。
M14M1014_001.jpg


こちらがM14ソーコム。 基本的にこちらも中身はノーマルだ。
M14M1014_002.jpg

長年ストックしておいた、EAGLE製実物CQBスリングを使った。
あとパチコンプを載せたが、サイトまで遠い!!
やはり普通のマウントを買って、ボルト上に載せたい。
これでノンホップ時平均0.95m/s。ホップ時には平均0.91m/sだ。ちょいとホップ調整しながらだったので変化があるが、非常に安定している。
ちなみにサイクルは8.4Vで14/秒。


そして、M4ベネリこと、M1014。
モデルになったのは海兵隊に採用された初のオートショットガンだ。
M14M1014_003.jpg

もちろん、、ただの単発エアコキ(エアーコッキング)となる。
実物はオートなのでフォアグリップは可動しないが、、、こちらはトイガンでコッキングしなきゃならないので、フォアグリップを手前まで引かなければならない。
3バレル3ポンプのマルイM3と違って、火力は少なく、装弾数はマガジンに29発だ。
早速、初速を測ってみると、、、平均0.64m/s。。。。。 (泣

ま、こんなもんでしょ。。

ということで、さすがにこのままゲームに使えない(どうみてもガスハンドガンの方が強力だw)ので、
今まで使ったこともないが、騙されたと思ってショップチューンに出してみたくなった。

フォートレスさんが、このCAW製M1014の Inproved バージョン というカスタムモデルを作っているらしい。 持込もOK。

早速、フォートレスさんに所定のフォームにてWEBから問い合わせているが、、、、、


もう2週間近く返事が無い・・・・・。

こ、、こんなもんか!?




テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル
今日は久々にテッポウいじりの日だ。

いやはや、先日ついつい3挺目のMP7を買ってしまったとこだが、、壊れた部品やジャンクパーツからの換装などで、、2挺のMP7を作り上げた。
MP7_NEW_001.jpg


手元にあったのは・・・・
 ・バラバラの愛用チューンドMP7(タペットプレート割れ)
 ・MP7のメカボックスだけ(ノズル割れ)
 ・ノーマル新品同様のMP7の「ガワ」だけ
 ・使い込んだガワの中古のノーマルMP7(一応実働)

(^。^;) 

なんでこんなにMP7が・・・(笑


ってことで、やはりまずは愛用のMP7を生き返らすべく、メカボだけのものからタペットプレートと使われていたイキのいいピストンヘッド(NINEBALLのダンパー無しみたいだ)だけ取り外し、移植して組み込む。

組み込む際、ピストンヘッドのOリングは気持ち広げてみた。
ノーマル加工の6穴より、結構圧縮するみたいだ。
ダンパー有りタイプも売っているようで期待したいところだが、、ただでさえ短いシリンダーの中でヘッド裏とピストンにダンパーなど貼り付けた厚みだけで容量低下とピストン位置変化でイカれそうだ。。
ダンパー無しで取り敢えず正解。

実はこのメインのMP7のタペットがイかれたのは修理中の出来事で、組み込んでいた同じく NINEBALL(ナインボール)のピストンが強力なメインスプリングのせいで頭だけ粉砕して抜けてしまったのだ。
タペットはその組むときにしくじったまま試射してしまったため、ギアにあたる部分のツメが欠けたのだ。。
しかし、ピストンはやっぱノーマルの樹脂の方が粘って強いことがわかった。
他にもNINEBALL の スプリングはすぐにヘタるとか色々と酷評もある、フル装備にするのではなく十分に吟味して取り付けたい。


綿埃まみれだったMP7もクリーニングし、組み立てて、一応、元の状態に戻った。

ちなみに、このフルチューンMP7カスタム箇所はこの通り。
NINEBALL ベアリング
NINEBALL エアシールシリンダー
NINEBALL ピストンヘッド
NINEBALL スプリングガイド
特注メインスプリング
メカボ鏡面磨き
メカボケツ押しビニールテープ
PDI製インナーバレル242mm
ノーマルマズルベース加工-太内径化
ライラクススリングスイベルエンド
外部バッテリー用変換アダプター(15A)
サイレンサーアタッチメント
9.6Vスーパーザップドバッテリー
マルイM4RIS用レーザーバッテリーBOX加工品
(2個1で延長し8セルBAT対応)
CQBスリング
実物ホロサイト

こんな感じかな??
MP7_NEW_002.jpg

MP7_NEW_004.jpg

これでノンホップ平均0.92m/s。
ちなみにサイクルは9.6Vで18/秒だ。(8.4V時で13発/秒)
ホップ時パワーは・・・・・・安全見てちょいと下げたいな。。どうしよ。



更に、もう一挺。
新品同様のMP7のガワに、中古MP7のメイン回路やトリガー/セレクター基部と、メカボを組み込む。
こちらは基本的にドノーマルでいくことにした。
もちろん、多少のメンテは必要。メカボもケツを詰め物で押してやる。
イイ感じ。
これでノンホップ平均0.81m/s。
ホップ時パワーは少々落ちるようだ。元のパワーがあまり無いからね。
サイクルはノーマルバッテリーで13/秒。
こちらはノーマル戦や故障時に使うスペアだ。
サイトはポンコツなSTAR製MP7専用のカールツァイス社のドットサイトだ。
MP7_NEW_003.jpg


MP7_NEW_005.jpg


そして残った部品は取り敢えず組み立ててから、売りさばく(笑



テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 GAGA's TOYGUN blog!!, All rights reserved.