FC2ブログ


ADMIN TITLE LIST
By Hobby Select Shop GAGA
既に公式HPにもUPされているが、G&Pから次の最新パーツが発売される。

まずは、東京マルイ製M14用から、リプレイス品のフロントトップ(ヒ-ト)カバーで、ブラウンとブラックの2色が発売される。10月発売予定だ。
gp_M14TOPCAV_01.jpg

gp_M14TOPCAV_02.jpg

こちらは、SOCOM16等でおなじみのトップカバー後端に装着するタイプのM14 Scouting Type Scope Mount Base だ。
こちらには、専用の短いトップカバーが付属するので簡単に装着できそうだ。
これも10月発売予定。
gp_M14SCTYPEMOUNT.jpg

こちらは、ARMS#18タイプの、M14 Tactical Scope Mount Baseだ。
同様に10月発売予定。
gp_M14TACMOUNT.jpg


こちらは、G36用パーツとなる、フォールディングバットストックだ。
見た目はお世辞にも格好良いとは言えない。。
しかし、フォールディング機能はありながら、4ポジションに伸縮可能。
おまけにストックの中に、12V 3300mAhまでのバッテリーも内蔵できるという。
10月中頃には発売予定だ。
gp_G36KV.jpg

gp_G36KV_03.jpg

gp_G36KV_02.jpg


ついでにこちらは、AK47のメタルボディだ。
既に発売になっており、\8,500程。
重量は500g、対応機種は、東京マルイ製AK47と、G&P製AK47メタル・フロントセット。
gp_AK47_METAL.jpg

おまけで、AK47 Tactical Front Set with Grip
gp_AK47TACFRONTSET.jpg

こちらはG&P製RASⅡのCNC加工品だ。
gp_RASII_CNC.jpg


スポンサーサイト



GWSは、HK416スタイルのフロントレイルにAG36を装着したカスタムを紹介している。
gws_hk416_01.jpg

GWSとは、ご存知「Gun Work Shop」であり、あのXM8電動コンバージョンキットを出しているメーカー(規模はショップ)だ。
ここは数々のカスタムガンを製作しているが、唯一、量産商品化されたのは、XM8のみだ。HKM4D(現HK416)のカスタムガンも製作と随分前からアナウンスしていたが、未だ、量産にはなっていない様だ。
今回は、これのバージョンアップ版とも言うべき、フロントレイルシステム(RAS?)に、AG36を装着したカスタムだ。
gws_hk416_02.jpg

まぁ、量産市販される様なものでもなさそうだ。。

東京マルイ M14純正オプション 440連多弾数マガジンと、アルミ製専用スコープマウント
M14OP_01.jpg

M14OP_02.jpg


ガスブロからは、ハイキャパの4.3 タクティカルカスタムが登場。
既存の4.1から、細部も改良されているようだ。
HICAP43.jpg

HICAP43_03.jpg

HICAP43_06.jpg

HICAP43_05.jpg

HICAP43_04.jpg

スライドもしっかり、4.3インチになっているようだ。

以前にもアナウンスあったが、電動ハンドガンシリーズもM93Rの次期製品がある。
USPM92F.jpg

電動ハンドガン USPとM92Fだ。

ついでに、、、G18Cと、M93Rに多数のオプションが追加される模様だ。
G18CM93R_OP_01.jpg

スライドごと交換する、G18C用アタッチメントマウントレイル
プロサイレンサーショートタイプ、100連マグはもちろん、M93Rにも、100連マガジンが登場だ。
同じく93Rにも、スライド一体型マウントレイルが用意される。

これらにも搭載可能な、Newプロライトも発売される。まぁ、マルイ版パチコンプといったトコロだ。
あわせて、プロサイト用もオフセットマウントも発売だ。

まず第一弾。
本日開催の、2005プラモデルラジコンショーにて、東京マルイの新電動ガンが発表された。
NEWM4A1.jpg

写真は、新型となる、M4A1。ブラッシュアップといったところだろうか。

続いて、予想されていた、電動コンパクトサブマシンガンシリーズで、
MP7A1、M10A1、vZ61、TMPだ。
MP7A1.jpg

M10A1VZ61TMP.jpg

中身は、多分、G18CやM93Rで開発した、電動ハンドガンをベースとしているのは、明らかだ。
非常に期待が持てる。
個人的にはMP7を早く出してもらいたい。
自作電動化しようと、既に中華MP7が2丁もストックしてあるのだ。。
危うく、中身にするM93Rを買ってしまうトコロだった。
でも、まぁまだモックだし、そんなにすぐには出ないか。。

ちなみに、ヨーロッパでは、SA-80(L85A1/A2)の電動がでるとのウワサがあったが、それはないだろう。
この次は、JSDF 89式が控えているはずだから。

どうやらG&G製UMGのタペットプレートに、最近、小さな問題があったらしい。(G&Gはバグと言っているが)
多分、給弾タイミングや装弾に若干の問題があったのだろう。

今回、新しくランニングチェンジにより、改良され、タペットプレートが新型となる。
新型は、ブルー色のタペットとなり、旧型は黒いままだ。

現在、お持ちの方は、購入したトコロで聞いてみては如何だろうか?
公式にリリースしたので多分、交換してくれるはずだ。

いやはや、問題あればアップデートして改良したり、部品交換してくれるのは非常に良いことだ。
今回のG&Gの素早い対応は非常に交換が持てる。
GGUMG_NEW.jpg


久々にネタとなる、自分のメインウエポンである、SR-47を紹介しておこう!
SR47_050920.jpg


フレーム、RAS&アウターバレル等のキットは、Hurrican EのSR-47

メカボは、システマのハイトルクオールヘリカルギアを6mmベアリングで組み込み。
シリンダーは、システマのNBシリンダー TYPE-1。
ピストンヘッドとシリンダーヘッドは、ANGELのサウンドレスサイレントヘッドセット。
ピストンも同じく、ANGELのポリカハイスピードピストン。バネも90。
スプリングガイドはもちろんベアリング付きシステマ。
メカボと、Hurrican Eの付属チャンバーは、ピカールを使って鏡面仕上げ!

使用バレルは、ライラクスのプロメテウスEGバレル(内径6.03mm 全長363mm)
チャンバーゴムは、KMの新ホットシュートⅡ???でしたっけ? 一番柔らかいヤツ。
そして当然、ストライクチャンバー16組み込み。

電装系では、ハーネスは全てシリコンワイヤーに置き換え、ハンダ付け。
当然、デュアルFETで駆動する。
モーターは、エチゴヤフルベアリング - ワイヤー巻き直しチューンモーター。
バッテリーは、新GPセルの8.6V 1100mAhのツインで、2200mAh仕様にし、ラジコン用の高効率コネクタで接続。アングス&ライラクスの限定PEQ-2ケースに入れてある。

SR47_050920_02.jpg

外装では、SR-47専用フロントサイト。
サイレンサーはMODE-2。
フォアグリップは、実物KNIGHT'S社製。
サイトは、Eotech社の実物551A2 Rev.F ホロサイトで、マウントは、ARMS社の#54Eotech用シースルーレバーマウントで嵩上げしてみた。微妙・・。

グリップは、Kingarmsのヤツ。
ストックは、VLTOR社製実物クラブフットストック(カービン)だ。
ストックアダプターは、STAR製の安いヤツを使っている。ストックのバットプレートは短さを補正する為に、SOGの実物バットプレートを装着。
スリングは、EAGLE社製実物TAS-3タクティカルアサルトスリング。
マガジンは通常の600連多弾数マグの他に、敵チームにボックスマグ使用者がいれば、こちらも1200連のドッグファイト製電動マガジン改を使用する。オキシライド単四の4連に改造してあり、6秒程で巻き上げる。

覚えているだけで、、こんなトコロか・・。
SR47_050920_03.jpg


こいつは、カナダのエアガン情報板にて掲載されている、自作の.50 BMG(Blasty Machine gun)だ。
50BMG_01.jpg

50BMG_02.jpg

50BMG_03.jpg

ほぼ金属のこのM2HBは、中にVer.6ギアボックスが内蔵されているらしい。
弾装は750連・・とのことだが、初速は420FPS出ている。
いやはや、世の中には物好きなアニキがいるものだ。
あちらのアホカリの様な、ベトナム戦ゲームに使用しているらしい。

と、ここまでは自作の話だったが、、エアガン内蔵ではないが、トイガン???の枠ギリギリなレプリカガン達を見つけた。
面白そうだから載せて見よう。(笑

こちらは、実際に販売されている、M2HBのレプリカだ。価格はUS$455。
ちなみにPEDESTALは、オプションでUS$435、アーモボックスは、$US50とのこと。
M2HBB_REPLICA_01.jpg

中に電動ユニットを収められるかもしれない。(笑
M2HBB_REPLICA_02.jpg


こちらは、発売予定の2連装のツイン.50 マウント WITH PEDESTAL AND ALL ACCESSORIES
20050918232316.jpg


こちらは、M1917A1 Browning Water Cooled .30 Cal. Machine Gunだ。
20050918235527.jpg


続いて、M1919A4 Browning Air Cooled .30 Cal. Machine Gunである。
20050918235605.jpg

こちらは、ジープへのマウントとなる、「37mm AT GUN MOUNTS」だ。
20050919000226.jpg

ついでにジープ用には各種定番のマウントがこんなにある。
20050919000505.jpg

20050919000808.jpg

20050919000820.jpg

20050919000829.jpg


いやはや、WWⅡ縛りのゲームやアホカリとかでこんなもの持ち込んだら大変だな。。

おまけにこんなものまで売っている。37mm Non-Firing Replica Kitsだ。価格は、$US1,095.00 程度・・ということは、、そこそこの電動ガンを作れば同じ価格になること考えると。。
20050918232802.jpg

20050918232812.jpg

20050918232822.jpg

20050918233226.jpg

ちゃんと、クルマのトーバーで引けるらしい・・・・。日本国内の公道だと検挙されるので注意!

こちらは、発売予定の、GERMAN PAK 36, 37MM AT GUN レプリカだ。
20050918232717.jpg


どれも多彩なオプションや兵装があり、嬉しい限りだ。
ちなみに! これらは米国の会社だが、いくらレプリカといっても、海外発送はあまりに様々な法や規制があり、送るのは困難とのこと。(当たり前だ・・)
但し、ヨーロッパには、これらを輸送する手段を研究している人がおり、手助けしてくれるかもしれないらしい。
これらの商品は、海外発送してはいけないという訳ではないようだが、それをサポートする人や会社には送るとのこと。但し、米国内でだ。

日本には・・・そのままでは不可能だろう。。
しかし、価格を考えれば、非常に魅力的だ!。
マニアならばあれこれ輸入方法を考えてしまうだろうと思う。

私も中学の時には、M2ブローニングや手回しガトリングガンを自作しようと妄想したものだ。。
PAK36は、紙で作ってきたヤツがいたが、、私の腕に付けた、パワーランチャー(注:重戦機エルガイムね)から発射したロケット花火で爆破してやったもんだ

SRC(Star Rainbow Toys)から、C7A2M16 A3 ODの登場。
カナディアンモデルのC7だ。
srcc7a2.jpg

srcm16od.jpg

これまた、レアだね。
しかし、性能は”?”と思われる。所詮、コピー品か・・・。

こちらは、ウワサのSRC製のAKS-47???
src_ak_01.jpg

src_ak_02.jpg

src_ak_03.jpg

ピーコピーコピーコ・・・・

以前にもお知らせした、G&P製M14RASのキット画像をUPしておこう。
これがパチコンプ同梱モデルだ。
gpM14RASwithaim.jpg

さすがにG&P製は、デキがいい、のがわかる。
刻印も再現され、非常に良いと思われる。買うならこれか・・。

某エ○ゴヤは、実物のMidwest Industries社のM14 / M1A Tactical Light Mountsを入荷した様だ。
mctm14_1_02.jpg

型番はMCTM14-1 (M14 / M1A Tactical Light Mount)で、M14/M1A用のレイルマウントとなる。
mct-m14-1-2.jpg

mct-m14-1-1n.jpg

ちなみに、レイル部は、MIL-STD 1913 rails. で、フィールドストリッピングも可能だ。本体は6061ハードアナダイズドコート仕様。

価格は18,239円とのことだ。

ついにパラモデルのM249 MINIMI が登場だ。
caS49p_CA_NEW.jpg


215_c1_c.jpg


クラシックアーミーから、ArsenalのSLR105モデルが発売となった。
slr105a1.jpg

slr105a1_re.jpg

実銃は、Arsenal INCの米国ラスベガス製で、弾頭は5.45x39を使用する、AKシリーズのライフル。
実銃の価格は非常に安く、安価なショップでは約5万円ホドだ・・。
海外の実銃掲示板では、故障報告もあるのだが・・。

ちなみに電動の方は、アルミフレームにスチールハイダー、それからクラシックアーミーではあまり見られない、リアルなARSENAL INCロゴやシリアルナンバーまで入った力作。
ハイパフォーマンスモーターにメカボは7mmベアリング組み込み仕様、マガジンは500連だ。

価格がはっきりしていないが、多分実銃と同じくらいだろう(笑

面白いモデルアップだ。

VFCから、M116A1 Simulator Hand Grenade(Gas Charger)なるものが発売されている。
20050904063023.jpg

こいつは、普通のダミーのハンドグレネードに見えるが、なんとガスボンベから、こちらのハンドグレネードにガス液体を移し変えて、ゲーム中でもこれで持ち運べるというものだ。
面白い。特にハンドガン戦などであれば、ボンベを持ち歩くのは少々興ざめなので、こいつなら格好がいい。

意外と個人的には欲しいのだが。。

ちなみにこのタイプ(TD MULTI-PORT Stun Grenade (Gas Charger))も発売されている。
20050904062918.jpg

またまた、VFCであるが、なんと、バレット社のM4である、M468のコンバージョンキットが登場だ。
20050904055944.jpg

20050904055952.jpg

まず、バレットといえば、50口径マニュファクチャラーで有名。
そして、M468といえば、M4の5.56mmベースから、6.8mm Remington SPCを使用するライフルで、他社のM4ベースと一味違う。
↓こちらは、実銃写真。
20050904060000.jpg

m468b.jpg


このコンバージョンキット、中身は次の通りだ。
1.軽量専用アウターバレル
2.フリップアップフロントサイト
3.フラッシュハイダー
4.サイレンサー
5.サイレンサーベースアタッチメント
6.サイレンサーベースカバー
(MARUI M4S-System用)
20050904061342.jpg

M468自体は、渋いガンだが、、どうせM468をモデルアップするならば、レシーバーからRASから全て専用で開発してオールキット化して欲しかった。M4 S-system使って先っぽだけというのはちょっとなんとも・・。
価格はまだ不明確。

他社のMRPも実売には至っていないみたいだが・・、もっと海外メーカーには派生モデルで頑張って欲しい!

なんとVFCからも、M14用RASが登場予定だ。
こちらも、先行他メーカーと同じく、KNIGHT'Sのレプリカとなる。
M14RAS-1_640x480.jpg

価格についてはまだ、未定のようだ。

VFCといえば、バックはGB-Techなので、製品は確かだ。
いやいや、当初の予想通り、RASだけで様々なメーカーから発売されてきた。

国内ネタだが、ラクラクスから東京マルイ製M14用のバイポッドアダプターが登場した。
f1531-01.jpg

ここからは、装着例だ。
f1531-02.jpg

f1531-03.jpg

f1531-04.jpg

価格は、1,200円
他にも、APSⅡ スポーターMkⅡ用ノーマル木製ストック APSⅡ EX・SV・OR用ノーマル樹脂製ストックに対応。

しかし、、これは多分、APSⅡ用のバイポッドアダプターセットのアダプタのみをパッケージ化して別売しただけみたいである。
私もエアソフのM14を使用していた時に、この部品だけ使って、ハリスのバイポッドを装着していたのだ。

そういえば、ライラクスといえば、、M14用のRASを発売するのだが、形が・・・・、ナイツレプリカと思うのだが、似て無さ過ぎる。。
また、オリジナル解釈形状だ。。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 GAGA's TOYGUN blog!!, All rights reserved.