FC2ブログ


ADMIN TITLE LIST
By Hobby Select Shop GAGA
最近、アクセスログを見ていると海外からの来訪者も多い。。
元を辿ると、どうやら海外のショップHPやエアガン系情報HPで、このブログが
紹介されているみたいだ。
今までも2○ゃんや他HPにもリンクされてたりしているが、、探していくと自分のブログの情報にリンクでつながっていたりする(笑)。

別にリンク自体は良いのですが・・、、、一言とか、、トラックバックするとか、、あれば嬉しいですね。(^^
tmg18clongs.jpg



と、久々に今日は更新。
やはりプラモ作りが忙しい。グフイグナイテッドのスクラッチだが、、残りあと3日なのだ。
でも、、、実はまだ完成しておらず塗装もまだ、、というところ。
やはり間に合わないかも。。
DSCN1601s.jpg

スポンサーサイト



以前からお伝えしている情報だが、いよいよこちらも発売が近付いてきたようだ。
ca249s.jpg


クラシックアーミー製のMINIMI CA249 MkⅡが、この5~6月ぐらいに発売される予定だ。
価格は、現地で1000~1200US$程度の予定。

既に上の画像の様に、ポスターが出回っている。
以前の情報の通り、メカボがPGC製のものと同じであり、信頼性は高いと推測される。
これからTOP製のMkⅡを買おうと思っている人には是非オススメしてみたい。

いよいよM14 SOPMODのサンプルが出回っている様だ。
秋葉の某ショップにもあるという、M14 SOPMOD。

早速、ボスゲリラ様の手元にも来たようだ!
レポートを是非、見てみて欲しい。

http://blogs.yahoo.co.jp/bossgerira/trackback/69053/1974113

マガジンはノーマルが130連??のはずだが、エアソフトクラブM14の480連多弾数マガジンものが使えるらしい。
メカボや機関部構造がエアソフに酷似していることから、やはりベースはエアソフ製かもしれない。(チャンバーはどうなのだろう・・。ホップ調整は六角に変わっている様だが、ステアー似のエアソフチャンバーのレバーを直接押しているのか??)

また、エアソフと同じくフルオートのみ、というのが若干悲しいトコだが、コレは買いだ!!

不思議なBBハンドグレネード。
海外で人気を博しているようだ。。。

信管があるらしいが・・・・。

asg_bomba_sux.jpg


ちょっと気になっている商品を紹介。
マルゼンから、CA870シリーズ最新モデルとなる、CA870チャージャーが今月末(29日辺り)に発売になる。
CA870CH.jpg

M4シリーズで見慣れたストックはお約束だが、可変ホップ機能が新たに追加された。
CA870は異常に当たると評判だが、可変ホップ搭載でどのように変わるかが楽しみだ。
これで実売1万円を切るとなると、非常にコストパフォーマンスはいい。
ショットガンを一つぐらい欲しいと思いつつ、気が付くとCQBが無くなっていた私にとってはいよいよ買いか?
でも・・ストックがいるかどうかは微妙。。

・・と、いっても、激震祭、忙しくて行けませんでした。。

東京マルイ製M14の試作品展示もあったようで、発売時期に関しても
ボスゲリラ様がリポートされた様です。

代わりにボス様のブログから情報を。。(^^;

★ボスゲリラの革命戦士反逆同盟★
http://blogs.yahoo.co.jp/bossgerira/trackback/211222/1588200

いよいよ東京マルイ製M14のリリース発表も秒読みですね!

GEKISHINSAI GEKISHINMATSURI

STARから、Zeiss社のZ-point reddot sightレプリカが発売されている。
S_Point_1.jpg

S_Point_2.jpg

S_Point_3.jpg

ご存知の方もいるかと思うが、H&Kが小型ライフル/SMGに好んで使う光学サイトだ。
写真では、MP7やG36(K)、最近ではH&KM4Dに搭載している写真が公開されている。
実物は国内でもあまり手に入らないが、約5万円台が多い。
以下の写真は全て実物だ。
hkm4.jpg

lp07.jpg

mp7-05.jpg

本物は、カールツァイスレンズを使ったリフレックスサイトだが、電池だけでなく、太陽光を取り込んでの発光も可能だ。
レプリカは本物と同じ構造ではなく、ただのドットサイトで、香港製パチコンプなどと同じと考えていいだろう。
今回のSTAR製レプリカは、MSRP$105と、円換算(105~107)で11,000円ちょいと安価。重量も約70gと軽量だ。

H&K好きにはたまらないシロモノだ。
私も将来、MP7が手に入ったならば、是非とも搭載したいサイトである。
lp11s.jpg


先日、STTIのHi-CAPA 5.1の情報に記載していた、M4が発売になった様だ。
写真はSTTI製 M4A1電動ガン。

stti-m4-aeg.jpg


このSTTIという会社、謎だったが、やっと付きとめた。
以前、MP7のスプリングガン?を発売しているという情報を伝えたがこれと同じ会社の様だ。「STTI」正式には、Spring Time Taiwan inc.会社で、中国製スプリングガンを専門に扱う会社だ。

さて、このM4A1、この会社初のフルサイズでマトモな電動ガンで、電動ガン市場へも初の試みで発売する訳だが、なんと全ての部品が東京マルイと完全互換性がある、ということが、最大の商品特徴とのことだ・・・・。
(またコピー品か!?)

アウターバレルは強化型で首回りは一応補強してあるらしい。
ハンドガードへバッテリー内蔵となり、8.4V 1100mahミニを使用する。
重量は2,900gで、マガジンは300連となる。

しかし、、、我々からみたら、最大に驚くのはその価格だ。
なんと、メーカー希望小売価格が、$80 USDというのだ!!
日本円換算にて、定価8,400円。

この価格で、東京マルイを始めとして、ClassicArmy,ICS,G&P,G&G,システマなど、多数の強豪がいるM4市場へ殴り込みを掛ける・・・・??。のか?

STAR&Guarder製 M14 SOPMODの最新写真が掲載された。
ご参考までにUPしておこう。
m14_1110.jpg


どうやらヒートカバー部はカーボンとのことだ、一応、本物のカーボンらしい・・。
別のメーカーで開発中であろうと思われる実銃同様のセミオートM14 SOPMODはしっかりしたカーボンだったが、STAR製はただの樹脂だと思っていた。(質感が劣る)
しかもその質感からは、あまり良いカーボンを使っていない様に思える。ドライカーボンか何かか?
m14_2s.jpg

m14_5s.jpg


インナーバレルは420mmということで十分だ。
ストックは7段伸縮で、肝心のチークピースもアジャスタブルということなので安心した。
コイツもいよいよ、発売が近付いてきた。
(国内定価134,400円程度)

第44静岡Hobbyショーの5月12日に、量産先行?試作?のM14電動ライフルと、そのリリース日に関しての情報が発表になるらしい。
イギリスからのウワサ情報。

STAR&Guarder製 M14 SOPMODの発売時期がいよいよ近付いてきたようだ
現地では今月から来月にかけて発売となると予想される。
国内でも早ければ5月中に来日する場合もありそうだ。

価格についてだが、以前、ボスがコンプリートとキットの両方が出ると言われていたが、コンプリートに関しては、やはりGuarderが絡んでいるからか、
国内定価で、\134,400ぐらいで意外と高い

どちらにしても、早い登場で期待が高まる。
あとは性能が心配なのだが、、、。

G&G製M14はやや集弾性能にバラつきがあるようだ。
初期ロットだからかもしれないが、今後も見守ろう。

まだまだ7.62mmシリーズは続くが、性能に関しては、東京マルイ製は安心感があるのは当然だろう。

さて、皆さんはどれを選ぶだろうか。
(個人的にはSOPMOD1点買い!!)

CLASSIC ARMYのM15A4CQBに先駆けて、ポスターを入手。
前に掲載した画像と同じだが。。
CA_M15A4CQB.jpg


STTI Hi-CAPA 5.1だと。
sttihicapagbb.jpg

sttihicapaco2.jpg


これまた東京マルイと似ているが、このガスブロは中身は異なっている様だ。
もうすぐリリースされるそうだが、写真の通り、ガスはCO2使用のマガジンと、リキッドチャージのガス式のマガジンの2種類が選択できるらしい。
もちろん、フルメタル。
スペックは次の通り。
重量: 1283g
長さ: 255mm
高さ: 188mm
材質: メタル & ABS
マガジン容量: 35連

ちなみに、このSTTI、M4も発売するらしい。。。
sttim4.jpg



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 GAGA's TOYGUN blog!!, All rights reserved.