FC2ブログ


ADMIN TITLE LIST
By Hobby Select Shop GAGA
G&G製 M14電動ライフルの詳細スペックが見えているので再度報告しよう。

全長: 112cm
重量(バッテリー除く) 3800g
インナーバレル長: 515mm
発射切り替え: セミ/フルオート切り替え式
多弾装マガジン容量:470連
初速: 320fps(約100m/s)
発射サイクル:950-1000 rpm (8.4v 1800mAh時)

3月下旬から4月初旬には出荷開始となるらしい。

価格はお知らせしている通り、US$590.00だが、
海外では既に実売US$490.00の所もあるみたいだ。

日本での定価はまだ出ていない。

ggm14_01.jpg


今回は、以下に詳細構造画像を添付する。
ちなみにギアボックスは、マルイ系ギアが流用できる。

682a.jpg


87f0.jpg


b543.jpg


3d3b.jpg


56c6.jpg


bb91.jpg


ggm145.jpg


ggm142.jpg


ggm141_2CH_DAMEYON.jpg


スポンサーサイト



なぜか、ガリルで検索してココにくる人が多い。

実物は、イスラエルが自国向けにAKベースで5.56mmx45に変更した突撃銃だ。
ARは1973年にFN FALに変わって制式突撃銃として国防軍に採用された。現在でも第一線で使用されている。

ARMは、一部部品の仕様変更と材質変更を受けて軽量化したモデル。
ちなみにSARは特殊部隊向けだ。

海外でもこのガリルコンバージョンキットの人気が高い様で、その注目は、やはり栓抜きが付いているかどうかという点だ。(笑

確か古い記憶では、イスラエル人が全てのデザインが完璧だ(AKと比較して?)、という点に当時魅了されていたが、IMIにてそのメンテナンス時に
エジェクションポートが削られているのに気が付いたという。
それは形状が栓抜きに丁度良く、金属粉はその為に付いているのだとわかったらしい。
それで、最終的には開発者がハンドガード部に、専用の栓抜きを付けた。当然、世界中探しても、栓抜きが付いている銃はコレ以外になく、唯一の特徴機能という訳である。(笑

写真は実銃のガリルAR。
20050225100323.jpg


こちらはもう一度掲載するが、ガリルコンバージョンキット。
SARの人気が高そうだ。
galil_2.jpg

買ってくれる人いる?


※ちなみに、ここのブログのコメントにレス頂いてもいいんですよ、皆様、コメント、トラックバック、またはメールお待ちしております。

パスワード忘れてしまって、更新が遅れてしまいました。。

さて、ここでGuarder製品の新製品及び予定商品の紹介。

まずは、M4/SR16系で使われる、QD(クイックデタッチャブル)のサイレンサーが
新発売。現在は、G&P製がよく出回っているが、こちらは
しっかりとKNIGHT'Sの刻印も入っていて、しっかりしていそうだ。
ゲーム中でも簡単に脱着できるので良い。
但し、G&Pの様にリアルな専用ハイダーが付属するのかは不明。
QD.jpg


次は、M4系のMODストックやクレーンストックなどに装着する、ストックパッド。
私は、実物のSDG製を使っている。あとよく出回っているのは
やはりブッシュマスターのパッドか。
これもブッシュマスターのパッドのレプリカといっていいだろう。
ゴム系なので以外と滑りにくく使い勝手はいい。
STOAKPAD.jpg


これはシュアファイアみたいなMODグリップ
以外と今まで無かった。
正直、格好いい(笑
実物M900やファースト製レプリカなどの様にライト部は無いが、
レール装着用のライトを持っている時には、組合わせれば
なかなか良いのでは、と思う。
GRIP.jpg


続いて、スリング
3ポイントスリングで、使い勝手は良さそうな感じ。
このタイプも色々な所から出ていて選べるが、実物イーグル社の
タクティカルスリングが個人的には気に入っている。
今度、M14用とM4用を仕入れるつもりだ。
3POINT.jpg

次は、一見、VLTORストックでレプリカ。
確かSTARからも同様のものが出ているが、これは実物にもある、
ODカラーが特徴。フレームやレールカバーなどと組合わせて使いたい。
ちなみに私は、実物のVLTORストック(クラブフット)最新Verを、SR47に使用している。
個人的にはVLTORか、MAGPULのストックが一番好きだ。
MODSTOCK.jpg


次は以外と皆さん、持っていそうで持っていない、工具。
最近のレプリカレールハンドガードやレプリカストックなどを組むのに、必需品とも言える工具だ。
かなりしっかりしたもので、コレは欲しい。私も早速入手したい。

特にコレはレールハンドガード内のリアルアウターバレルのリングを締め込むのに重宝する。
あわせて、ハイダー固定用のレンチも一体になっているので、
カスタムM4系を持つのであれば一本は欲しい。
TOOL.jpg


それから、ストックチューブのリングが実物の様に別体で締め込むタイプの
リングが付いているものを締める工具だ。これもあまり代用が利かない(パイプレンチで締める人もいるが・・)ので、買うといいだろう。
STOCKTOOL.jpg


それから、オススメなのがコレ!
これも欲しいと思っているのだが、まだ入手できていない。
LEDを使用した、タクティカルライトで、そこそこの光量があるだろう。
何より、実物シュアファイアのM910のヘッド交換バージョンのレプリカで
なかなか格好いいし、先進的なデザインである。
ストライクヘッドというわけではないが、DNA採取もいらないので
まぁ、これで十分。
何より、一番嬉しいのが、電池がCR123Aを2本使うという点だ!

これが何を意味するかと言うと、最近のゲームフィールドでは、ライトの電池は「6Vまで!」、というレギュレーションが多いからだ。
まぁ、レールに付けようと思えば、シュアの6Pとかという手もあるが、
この手のグリップ付タクティカルライトは、実物も同様、ファーストのレプリカも
どこぞのヤツもみな、電池は3本使用するので、9Vとなり、
レギュで6Vまでと定められている場所では使えないのだ。
同様のレプリカで6Vなのはコレだけ。
これだけで、装着する価値はある。それで、LED版という訳だ。
欲しいでしょ??
TACLED.jpg

TACLED2.jpg



最後に、以前お知らせした、ガーダー製で、実物AKシリーズの
アブトマットカラシニコフ社最新AKとなる、AK-104のコンバージョンキット。
価格は他のAKシリーズと同等でUS$700以上するだろう。
しっかりと、固定ストックが折り畳められ、スコープ金具部分も
実物同様にストック側に収納できそうだ。
AK104.jpg


従来、いくつか発売されていた、リューポルドM3タイプのレプリカスコープ
ご多分に漏れず、価格が高かった。
日本での実売は、約25,000円弱ぐらいが多いか?

そこに、STARからM3タイプのスコープが今回新発売された。
倍率は3.5-10 x 40mmで十分である。

フロントフォーカスちっくな目盛りも入っており、308WINの文字も見える。
なかなか本物っぽい作りだ。
覗いていないが、そこそこの感じだったら買いだ。

なぜなら価格が現地リテールプラスでUS$105.00!(1万1千円ぐらい)

現地実売価格で円換算だと8,000円弱ぐらいになる! 激安だ。

写真は単品と、これまたUMP同様にSTARから発売予定の、M14 SOPMOD 電動ガンに載せたところ。

カッコイイ・・。

20050222191205.jpg


20050222191230.jpg


前にも紹介した、STAR製のUMP
いよいよ2月下旬に発売だが、やはりコンバージョンキットとして登場するらしい。

フレームやレシーバーは実銃同様のABS製、レールやアウターバレルは金属製とのこと。
ついでに専用の精密インナーバレルと110連マガジンが付属するらしい。

そして、コンバージョンキットということで、東京マルイのG36Cメカボックスとモーターは
別に必要。

国内定価は、37,590円也
20050222174623.jpg


20050222190343.jpg



20050222190152.jpg

ちょっと変わった小ネタを。

写真はXM8・・・に見えるが、電動ガンでなく、USA製ペイントボール用の
Co2ガン。
ペイントボール用のガンは、実銃とは似ても似つかずのものばかりだったが、最近は、実銃に近いものが出てくる時期になったもんだなぁ、と
思った次第です。
もう少しでリリースするらしい。
20050222173010.jpg


いよいよG&G製のM14電動ガンが見えてきた。

試作品は先日お知らせしたが、どうやら3月発売の為に、
リテールプライスも決まった様だ。 現地価格では、約590.00US$ほど。

円換算で6万円ぐらいだから、日本ではやはり10万弱ぐらいか?
エアソフトクラブ製とあまり変わらない価格帯だ。

しかし、画像を見てわかるように、それはエアソフトクラブ製とは
大きく異なるのがわかる。

実物同様にセレクターで、セミフル切り替え可能。
確実そうで理論的な形状をしたオリジナルギアボックス。
そしてなぜか、実物の様に、ボルトが動く!!?
最後に、リアルライブなセフフティ

と、これだけ見ても、エアソフトクラブ製とは大違いだ。
価格だけのことはあると思われる。

このM14も、即効ゲットして、インプレを公開する予定なので、乞う期待。
20050221165142.jpg


20050221164105.jpg


さて、この写真を見て、なんだかおかしいG3であることに気付くだろう。

そう、ストックとハンドガードがウッドである。(笑)
ジャーマンアーミーのウッドストック化キットであるが、それがウッドであるより
何より、一番ビックリするのが、この価格である。

なんと、大幅値引き後で、US$11.97 !

日本円で、1,300円(笑)

但し、どうやら米国国内専門の様で、海外出荷は無いらしい・・。
ネタだけで買ってしまいそうだ。
20050221172146.jpg


20050221172522s.jpg


以前、アナウンスした、GWS製のXM8であるが、
キレイな写真があったので、再登録してみた。

海外現地価格は、350US$ で、さほど日本との価格差は無いようだ。
ちなみに、元になる東京マルイ製のG36Cが必要。


あらたな情報では、写真の様に現地ではタンカラーとODも用意される様だ。

気に入っていれば輸入するのだが・・・・やはりいかんせん、
あの形にはまだなじめません。。。


20050221163241.jpg


20050221163314.jpg


20050221163330.jpg


ついに発売となります!
国内はアングスから、M60E4用レイルインターフェースハンドガード

実物はU.Sオードナンス社で製作される、M60E4用の
レイルハンドガードです。
文献としては、昨年末あたりのGUN誌に掲載されておりました。

このハンドガードは実物から採寸して寸分違わず、本物と同様に
アルミブロックから削りだされた、オールアルミのハンドガードとなります。
多分、製作は海外、PRIME製か!?。

TOP製M60E3やE4に装着可能。

価格は39,800円(定価)

まだ、アングスへは入荷していない模様だが、2月下旬発売予定で、
限定100個というから急げ!!

ちなみに私も既に予約済みだ。(笑
20050220185546.jpg


20050220190311.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さて、取り敢えず、各HPに散らばっていた書き込みを
今日からこちらの、自分のブログへ集約することとしました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

画像からすると、米軍MkⅡ版
あまり知られていないが、クラシックアーミーはMk.46版のパーツも持っているので、Mk.46版という可能性もあり。

試作だが、ほぼ量産同等と言っても良さそう。
中身は、マルイギア等が使えそうで、しっかりした
PGCのメカボックスみたいなものだった。。

ということで、ノーマルでは、TOP製より性能は良さそうだ。


PS.そろそろブログでも立ち上げた方が良いか・・。

20050220165138.jpg


ギャギャーッ!! 遂に出る!?

私もM14出たら2つ買って作ろうと思っていた、「M14 SOPMOD」が出てきそう!!

実物は、スプリングフィールド社のM14を、Troy Industriesで最近のテロ対策部隊や警察などのローエンフォースメント向けに開発された、M14ベースのセミオートCQB仕様。

ネタはUK(イギリスね)からだったが、香港から発売されそうだとのこと。
既に発表しているショップもあるが、多分、どこかで作られたやつを、なんとあのSTARからも発売するかも。

でも・・、どうやら写真のものは、STAR製ではなく、別のDTIというとこのものらしい。
(ハンドガード部がこのDTIと思われるものは、本物同様にカーボンだが、STAR製はただの樹脂みたいだ)

ちなみにSTAR製で1点不安なのが、中身がエアソフかエアソフレベルでは?という噂も・・。
コンバージョンキットになるか?

売価未定。
20050220182557s.jpg


さて、先日、ガリル登場の話をしましたが、これまた珍しい電動ガンを紹介。

イタリア陸軍が採用しているという、Beretta SCP-90。

基本的に中はM4ベースで、ほぼフルメタル(CNC加工)カスタム化されたもの。
20pcs限定との噂だったが、結構在庫ある様だ。
価格は日本円で、約12万円ちょい。


実物はマガジン形状からわかるように、5.56mmなんですよね~。。
どうですか、ローデシアと一緒に。(笑)
ベレッタファンも納得。
20050220182340s.jpg


え!? 今度はまたまたSTARから??

先日、G&GからUMPが出るとお伝えしましたが、
どうやらSTARからも出すらしい。
M14SOPMOD同様、STARが製造しているかどうかはわからないが、どちらにしてもやけに香港は活発だ。

マガジンは110連(90連?)とのことで、これもマルイのギア等が使えるらしい。
これまた価格未定。

なんと、GuarderがAK祭りに便乗して、「ガリル」をコンバージョンキットで発売するとのこと。

キットには、別途、マルイのAKが必要。
20050221170054s.jpg



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 GAGA's TOYGUN blog!!, All rights reserved.